KBS京都:韓国ドラマ「 toni 」の情報をまとめているページです。

韓流DO > toni
toni

トンイ|第60話「民のために」

第60話トンイは粛宗(スクチョン)はじめ皆に宮殿を離れることを止められるが、今後は最も力のない者のために生き、その姿を将来王となるクムに示したいと言い、意志を貫き梨峴(イヒョン)宮へ移る。そして困った民が誰でも来られるようにと、梨峴(イヒョン)宮の塀を壊し始める。 1年後、梨峴(イヒョン)宮は助けを求める人々が連日列をなしポン尚宮ら女官も大わらわ、そんなある日、両班(ヤンバン)と役人に濡れ衣を着せられた父を助けてほしいと賤民の娘が梨峴(イヒョン)宮へ駆け込んでくる、トンイは皆の協力を得て、事件を解決しようと動き出す…。 続きを読む

トンイ|第59話「真心の力」

第59話トンイは既に手を打ち、仁元(イヌォン)王妃に「チャン・ムヨルが保身のために陰謀を企んでいる。私を信じてわざとチャン・ムヨルの作戦に乗ってほしい」と頼んでいた。仁元(イヌォン)王妃は悩んだ末ついに決断を下す。一方宮殿の外では粛宗(スクチョン)とソ・ヨンギが、罪の証拠をつかむために、密かに動いていた…。 続きを読む

トンイ|第58話「思わぬ標的」

第58話トンイを訪ねた仁元(イヌォン)王妃は、なぜ王妃の座を放棄したのか、噂がどこまで本当なのかとトンイに疑問をぶつけるが、話の途中でチャン・ムヨルに呼び戻されてしまう。そして、トンイに明日宮殿を出て行くよう命令を出してほしいと頼まれる。一方兵力をチャン・ムヨルに掌握されてしまったチャ・チョンスは春秋館(チュンチュグァン)が襲われたことをトンイ伝え…。 続きを読む

トンイ|第57話「王の密命」

第57話世子(セジャ)もクムも王にしたいというトンイの考えを聞いた粛宗(スクチョン)は、重臣たちに王位を継ぐのは世子(セジャ)だと宣言し、トンイを宮殿の外に住まわせると言い、周囲を驚かせる。粛宗(スクチョン)の真意が分からないままのトンイは、それを粛宗(スクチョン)の待てという合図だと取り、抵抗しようとする監察府(カムチャルブ)を王命に従うよう諭す。一方チャン・ムヨルは、粛宗(スクチョン)の真意を怪しみ…。 続きを読む

トンイ|第56話「王子の婚礼」

第56話クムに婚礼を挙げさせ宮殿から追い出そうとする仁元(イヌォン)王妃。何とかしようとする粛宗(スクチョン)にトンイは粛宗(スクチョン)がクムの肩を持っては世子(セジャ)が傷つくので自分に任せてほしいと頼む。そして仁元(イヌォン)王妃に対しこれまでの王室の記録を持ち出し、側室が産んだ世子(セジャ)以外の王子の妃選びには母親が関与した例がいくつもあるのだから、クムの婚礼は挙げるが、妃選びは自分がすると申し出る。名家が並ぶ候補を前にトンイは…。 続きを読む

トンイ|第55話「新たな対立」

第55話チャン禧嬪(ヒビン)はトンイに世子(セジャ)のことを頼み、毒を飲む。粛宗(スクチョン)はチャン禧嬪(ヒビン)の最後の願いを聞き入れ、その死にゆく姿を見届ける。母の処刑により世子(セジャ)は荒れ、訪ねてきたクムを、自分たちは政敵であるから二度と来るなと追い返す。「政敵だ」と言われて悲しむクムを慰めるトンイは、世子(セジャ)とクムを守るために二人とも王にする道を考える。 続きを読む

トンイ|第54話「欲望の果て」

第54話トンイを斬った刺客は、チャ・チョンスによって捕らわれ、黒幕のチャン・ヒジェも捕らわれる。シム・ウンテクは仁顯王妃を呪詛した証拠を粛宗に見せ、それでもトンイがチャン禧嬪に機会を与えようとしたのに、チャン禧嬪はトンイたちの命を狙ったのだと話す。チャン・ヒジェとユン氏は拷問を受けてもチャン禧嬪(ヒビン)の関与を否定するが…。 続きを読む

トンイ|第53話「憎しみの炎」

第53話世子(セジャ)が自分の病を粛宗(スクチョン)に打ち明け、粛宗(スクチョン)は隠していたチャン禧嬪(ヒビン)を「世子(セジャ)の病があるからクムを追いつめようとしたのだろう」と責める。チャン・ムヨルもイム・サンヒョンたちに事実を暴露し、世子(セジャ)の病は宮廷の噂となる。一方、ユン氏がトンイを狙ったことがオ・テプンから捕盗庁(ポドチョン)に伝わり、ユン氏は捕らえられてしまう。 続きを読む

トンイ|第52話「無垢な心」

第52話宮殿に戻った世子(セジャ)を迎えたチャン禧嬪(ヒビン)は騒ぎをクムのせいだと言い張り、世子(セジャ)は倒れてしまう。それに怒ったチャン禧嬪(ヒビン)はクムを捕らえさせ、イム・サンヒョンたちは粛宗(スクチョン)にクムが世子(セジャ)に危害を加えたといってクムの処罰を求める。チャン禧嬪(ヒビン)はクムが世子(セジャ)の座を狙っていると世子(セジャ)に言い聞かせようとするが…。 続きを読む

トンイ|第51話「宣戦布告」

第51話トンイとの和解を拒んだチャン禧嬪(ヒビン)は王妃を呪詛した証拠もトンイに返してしまう。チャン・ヒジェはトンイたちがすぐには世子(セジャ)の病を公にできぬようにとクムに世子(セジャ)の帝王学の書を持たせ、クムが世子(セジャ)の座を狙っているかのように陥れる。世子(セジャ)は真相を話すことができず泣いているクムをかばい、騒ぎは収まるが…。 続きを読む

トンイ|第50話「兄と弟」

第50話仁顯(イニョン)王妃は粛宗(スクチョン)にトンイを王妃にしてほしいと言い残し、息を引き取る。朝廷では重臣たちが世子(セジャ)の母であるチャン禧嬪(ヒビン)を王妃にと粛宗(スクチョン)に迫り、チャン・ムヨルもチャン禧嬪(ヒビン)に味方する態度を示す。一方トンイは、世子(セジャ)の病を粛宗(スクチョン)に話す気はないのでトンイを信じて世子(セジャ)とクムが兄弟として生きられるようにしてほしいとチャン禧嬪(ヒビン)に頼むが…。 続きを読む

トンイ|第49話「王妃の願い」

第49話仁顯(イニョン)王妃が倒れ、主治医は三日のうちに意識が戻らねば危ないと粛宗(スクチョン)に告げる。トンイはアン尚宮(サングン)を問いただし、世子(セジャ)の病のことを知り、昨夜仁顯(イニョン)王妃がチャン禧嬪(ヒビン)に会いに行ったのは世子(セジャ)のために自白する機会を与えるためだったと聞く。そんな中、ユン氏に連れられ巫女が入り込み、王妃の居所近くで呪詛を行うが…。 続きを読む

トンイ|第48話「近づく嵐」

第48話仁顯(イニョン)王妃からクムを王にすることができるかと問われたトンイは、その真意を測りかね、困惑する。一方、クムを侍講院(シガンウォン)に通わせるという話にチャン禧嬪(ヒビン)が過剰に反応するのを見たチャン・ムヨルは、世子(セジャ)に何か問題があるのではないかと勘づく。一方、侍講院(シガンウォン)の件を重臣たちに反対されてもクムに何かしてやりたい粛宗(スクチョン)は、自ら雲鶴を説得に行くが…。 続きを読む

トンイ|第47話「王子の意地」

第47話宮殿に戻り、トンイは淑儀(スギ)に、クムはヨニン君(グン)となる。粛宗(スクチョン)はクムと父として再会を果たし喜ぶ。仁顯(イニョン)王妃が開いた宴でチャン禧嬪(ヒビン)と再会したトンイは、二度と大切なものを奪わせないと宣言する。一方、クムの教育をキム・グソンに頼むことを、トンイはまだ諦めていない。そしてクムの身に危険が及ぶことを心配したトンイは、宗学(チョンハク)でも「小学」を知らないふりをすることをクムに約束させるが…。 続きを読む

トンイ|第46話「父と子」

第46話漢城府(ハンソンブ)の判官(パンガン)を名乗った粛宗(スクチョン)は、塾に行き損ねたクムと楽しいひとときを過ごし、トンイを宮殿に呼び戻す時が来たと考える。クムの卓越した能力を知ったトンイは、それを隠すためにクムを塾に行かせるのをやめ、雲鶴ことキム・グソンに教育を頼もうと決める。トンイたちの訪問を受けた雲鶴はクムには興味を持つものの、朝廷と関わるのを拒む。一方、ユン氏はトンイの抹殺を考え、チャン禧嬪(ヒビン)に黙ってある行動を起こすが…。 続きを読む

トンイ|第45話「募る恋しさ」

第45話世子(セジャ)が跡継ぎを授からないかもしれないと知ったチャン禧嬪(ヒビン)は、トンイが産んだクムの存在が世子(セジャ)の座を脅かすのではと恐れていた。一方、6年の歳月が流れ、クムは王子としての自覚と誇りと、卓越した能力を持ち合わせて立派に成長していた。ある日、クムは食事会に招かれた賤民の子たちに紛れて宮殿に入るが…。 続きを読む

トンイ|第44話「耐えがたい苦しみ」

第44話トンイが漢城府(ハンソンブ)へ行ったと聞いた粛宗(スクチョン)は急いで止めに行くが、すでにトンイはチャン・ムヨルにすべてを自白し、記録も取られた後だった。それでも粛宗(スクチョン)はトンイを裁くことができず、政務にまで影響が及び、トンイは深く心を痛める。そんな折りトンイの産んだ王子が危篤状態に…。 続きを読む

トンイ|第43話「苦渋の決断」

第43話チャン禧嬪(ヒビン)の策略で粛宗(スクチョン)はトンイがケドラを助けようとする姿を目の当たりにする。トンイは自分が剣契(コムゲ)の前のかしらの娘チェ・ドンイであること、再結成された剣契(コムゲ)を放ってはおけず逃がそうとしたことを告白、罰を受けるので何も知らない他の者は許してほしいと願うが、粛宗(スクチョン)はトンイを居所に追い返す。一方、仁顯(イニョン)王妃はトンイに自分と同じ思いはさせまいとチャン禧嬪(ヒビン)と戦う姿勢を見せる。 続きを読む

トンイ|第42話「断ち切れぬ友情」

第42話かつて剣契(コムゲ)を陥れたのはオ・テソクだと知ったトンイは、チャン禧嬪(ヒビン)のもとを訪れ、チャン禧嬪(ヒビン)が陰謀を知っていたことを確かめる。さらにトンイは証拠を得るため、オ・テソクに揺さぶりをかける。しかしチャン禧嬪(ヒビン)もまた、チャン・ムヨルの調べにより、トンイが剣契(コムゲ)のかしらの娘で事件の真相を知っていると確信する。一方、チャン・ヒジェから身を隠すように言われたオ・テソクは武官に案内され都を離れるが…。 続きを読む

トンイ|第41話「浮かび上がる黒幕」

第41話トンイは自分を殺しに来た剣契(コムゲ)を、兵が来る前に逃がし、再結成された剣契(コムゲ)のかしらケドラと再会を果たすが、殺しをやめるよう説得することはできない。ケドラたちのことが明らかになれば自分の過去も隠せないと覚悟したトンイは、父たちかつての剣契(コムゲ)を陥れたのが何者なのか、それだけでも突き止めなければならないと、手の合図が示す数の意味を調べるのに力をそそぎ、南人(ナミン)の一部が経典とする六経に目を留める。 続きを読む

新着情報


無料韓流ドラマ動画まとめサイト