WowKorea!「 <インタビュー>女優キム・ハヌル、結婚が女優にとって致命的? 「そうは思いません」 」の情報をまとめているページです。

韓流DO > ニュース・情報サイト > WowKorea! > <インタビュー>女優キム・ハヌル、結婚が女優にとって致命的? 「そうは思いません」

<インタビュー>女優キム・ハヌル、結婚が女優にとって致命的? 「そうは思いません」

公開日:
 女優キム・ハヌルが映画「私を忘れないで」でカムバックした。久しぶりである。直近の作品であるSBSドラマ「紳士の品格」は2012年の作品だったし、映画は2011年の「きみはペット」が最後だったので、スクリーン復帰は5年ぶりとなる。  作品としての復帰もうれしいが、キム・ハヌルはもう一つうれしい知らせを持ってきた。結婚である。3月に挙式をするキム・ハヌルは、“結婚”にぴったりのロマンス映画で我々観客たちの前に現れた。そのうえ2016年初のロマンス映画でもあり、キム・ハヌルにはいろいろな意味で“忘れられない”映画になりそうだ。  結婚を控えているとあり、今作を撮影しながら、愛や結婚そして家族について、たくさん考えるようになったという彼女は、「結婚が女優のキャリアに影響するか」という質問に、「そうは思わない」と答えた。このような質問が出るのも当然である。相対的に結婚は、男優より女優にとって、より多くの影響が及ぶのが事実。結婚と共に活動が遠のく女優も多く見てきたし、特に出産をすれば育児に専念するため、しばらく女優生活を離れる人も多いからだ。 <;b>;―映画「私を忘れないで」への出演を決めた理由は何ですか? <;/b>; この映画のロマンスは、ものすごく雰囲気があるように感じました。映画自体が、これまでのロマンスとは感じが本当に違うので、ご覧になる方がどのように受け入れてくださるのか気になります。シナリオのディテールや完成度というよりは、初めて見た時にその雰囲気に圧倒されました。そして男性主人公がチョン・ウソンさんに決定していたので、私がその中に入っていった時、チョン・ウソンさんとどんな感じを作り出せるかというのも気になりました。 <;b>;―チョン・ウソンさんと共演してみたかったようですね。<;/b>; デビューした時、チョン・ウソンに似ていると言われました。雰囲気が似ているって。若かったので「どうして男優と似ているなんて言うんだろう」と思ったのですが、チョン・ウソンさんがとてもカッコイイから気分は悪くなかったんですよ。早くお会いしたいと思っていました。私と同じアングルにいる時、どうなるんだろうと思いました。スタッフも撮影初日に、みんな気になっていたとおっしゃっていました。同じアングルでとらえた時、二人がとてもいいと手を打っていました。チョン・ウソンさんがカッコイイから、私と合うということだけでもうれしかったです。 <;b>;―空白期間が長かったですね。<;/b>; 映画「ブラインド」で賞をいただき、「きみはペット」にも出演して、それ以降、空白期間を設けたんですが、早く作品に出演したかったです。偶然、空白期間が長くなってしまいました。作品を待って長くなっただけに、この作品を待っていたし、撮影を早くしたかったです。そして長く休むと、現場で初めて撮影する時に緊張します。今もそうなんです。私がそれほど待っていた作品なのに、初めての撮影で適応できなくて演技までできなければどうしようと、ずいぶん心配しました。 <;b>;―チョン・ウソンさんとの切々としたまなざしを受けた感想は? <;/b>; 初めは大変でした。それぞれがキャラクターに変わる過程が必要だと思いました。初めからその人物になるという、思いもしないスタイルでした。だから序盤では撮影する時、楽なシーンをたくさん撮りました。ある程度適応できてから、ロマンスのシーンを撮ろうとしたんですが、初めからデートのシーンを撮影しました。チョン・ウソンさんが他の俳優さんよりも目力が強いんです。彼の大きな長所だと思うのですが、いざ目の前に立つと初めはプレッシャーでもありました。だからNGをたくさん出してしまいました。 <;b>;―結婚が女優のキャリアに致命的になることもありますが、どう思いますか? <;/b>; 簡単に申し上げれば、そう思ったことはありません。個人的にも演技者としても、楽になる気がします。気持ちが安定しくる感じがして、逆に楽になりそうです。今後演技をして、作品に出会う時、演技が変わったりするような感じはありませんが、気持ちは楽なので、楽に演じられるように思います。 <;b>;―どのような女優になりたいですか? <;/b>; ある時は“ラブコメ・クイーン”になったり、またある時は“ロマンス・クイーン”になったりと、そういったことを繰り返したきたじゃないですか。その時そのキャラクターをきちんとこなして、その前の作品を思い出すことなく、今演じたキャラクターが私に見える時が一番単純だけど、一番うれしいです。

元記事情報

サイト名 WowKorea!
キャプチャー
サイトURL http://www.wowkorea.jp
元記事URL http://www.wowkorea.jp/news/enter/2016/0130/10159972.html

WowKorea!の新着動画


新着情報


無料韓流ドラマ動画まとめサイト