WowKorea!「 【公演レポ】イ・ミンホ、歌にトークに多彩な魅力でファン1万人を魅了! 」の情報をまとめているページです。

韓流DO > ニュース・情報サイト > WowKorea! > 【公演レポ】イ・ミンホ、歌にトークに多彩な魅力でファン1万人を魅了!

【公演レポ】イ・ミンホ、歌にトークに多彩な魅力でファン1万人を魅了!

公開日:
 韓中合作映画「Bounty Hunters」に主演、俳優としてはもちろん、11 月 30 日にリリースしたニューシングル「The day」はオリコンデイリーランキング 2 位(11/30付)を獲得。さらに日本版「HERE - I was here、I AM HERE」写真集(発売元:Euphoria Seoul / 販売元:インタラクティブメディアミックス)を1月25日に発売するなど、次々と新しい話題を提供している韓国の俳優イ・ミンホ。  日本でも圧倒的な人気を誇るイ・ミンホが1月25日(月)横浜・パシフィコ横浜国立大ホールにて、「MINOZ WORLD−MINOZ MANSION−」を開催した。  同公演はイ・ミンホが毎年開催しているグローバル公演の一環であり、昼夜の2公演で約1万人を動員し、日本でも変わらない人気を示した。  ステージは「MINOZ MANSION」というタイトル通り、イ・ミンホの家に招待されるというコンセプトのもと、趣のあるスタンドやソファが置かれ、コーナーによって変化する演出でファンを酔わせる雰囲気を醸し出している。  昼公演が開演、ブラックパンツに白いハイネック、白いジャケットを合わせた衣装でイ・ミンホが登場すると、会場からは大歓声が沸き上がった。ニューシングル「The Day」のタイトル曲「あの時のように」を歌い上げ、会場をうっとりと酔わせると「みなさん、こんにちは。イ・ミンホです。お久しぶりです」と日本語であいさつ。 続けて「あけおめ〜! 」とお茶目に新年のあいさつをすると会場のファンも「ことよろ〜! 」と大合唱で応え、オープニングから、会場をひとつにした。  前日に来日したイ・ミンホは「今日は昨日より暖かくて、祝福されているような気持です」と魅力的な笑顔を見せると会場からは一段と大きな歓声と拍手が送られた。  MCのYumiが進行する中、先日行われたソウルでの公演に触れ「とってもよかったです。『花より男子』以来もう6、7年一緒に過ごしているので、その時のこととか、深くお話ができるという趣旨でトークコンサートとしました」と述べた。  ことしの6月22日に29歳を迎えるイ・ミンホ。ここからはイ・ミンホの20代を映像とともにデーターで振り返ることに。まずは“財閥”、“イケメン”というキーワードで彼の魅力をひも解く。 “財閥”、“イケメン”というイメージについて「“財閥”というイメージは高級感があって、悪くないと思います。『花より男子』の影響が多いと思います。その後の『個人の趣向』、『信義』もその影響で高級感が出ていたと思いますので、(イメージの)影響は大きかったと思います」と語った。 もし「江南ブルース」が最初だったらイメージは変わっていた? との問いには「けんかが得意なイメージになっていたと思います。子供の頃はたくさん、けんかしていました」と明かした。  次のキーワードは“ドラマ”。 「花より男子〜Boys Over Flowers」、「シンイ−信義−」、「シティーハンター in Seoul」、「相続者たち」など歴代ドラマの名場面が映し出されるとイ・ミンホは「日本の原作のものが2つありますね」としながらも「僕はこの中でチェ・ヨン(シンイ−信義−)のシーンが好きです」とステージでそのセリフを生披露し、ファンを喜ばせた。  またファンへのインタビューコーナーでは、香港から来たファンが当選。MCそして、イ・ミンホも英語に四苦八苦しながらもファンと交流し、会場を温かくした。  続いて歴代のベストスキンシップシーンが紹介されると抽選BOXが登場。抽選で選ばれたファンを相手にイ・ミンホが「シンイ−信義−」の中でウンスをお姫様だっこするシーンを再現。さっと抱き上げ、颯爽とソファまで歩くイ・ミンホのたくましい姿に会場は大盛り上がりとなった。  さらにコーナーごとにファンを一人ずつ選び、2ショット写真撮影など、イ・ミンホと直接触れ合うプレミアムな時間をプレゼントした。新曲を披露したライブステージでは「My Everything(日本語ver)」や「カケラ」など、アンコールを含め、全6曲を披露し、会場を沸かした。  エンディングが近づくと日本のファンに対しイ・ミンホが「公式でしか来ることができないのにいつも僕を応援してくれて、申し訳なく思っています。いつも感謝しています。(ファンは)俳優として活動する大きな原動力です」とその思いを伝えると客席から称賛の大きな拍手が沸き上がった。  終始リラックスした様子のイ・ミンホは途中、グレーのスーツやカジュアルスタイルと衣装チェンジし、その抜群のスタイルでも会場を魅了。  最後のあいさつでは「寒い日が続いています。風邪などひかないように気をつけてください」とファンを気遣い、「みなさん、早い時期に作品を持ってきたいと思います。そしてその作品についてお話したり、コンサート形式で進めていけたらいいなと思います」と再会を約束し、「あいしてる! 」と投げキッスを贈り、イベントを最高潮のまま、締めくくった。 同公演はアットホームな雰囲気の中、 終始“イ・ミンホ”をより身近に感じることができた特別な時間となった。  公演終了後には会場にて日本版写真集「HERE - I was here、I AM HERE」を購入した中から抽選で600人がハイタッチ会に参加。  ファンはもちろん、イ・ミンホ自身もファンと直接交流し、スペシャルな時を過ごしたのは間違いないだろう。「30代になったらキスシーン以上のラブシーンにも挑戦したい。もちろん、ファンのみなさんの許可があればですが(笑)」と語っていたイ・ミンホ。次はどんな姿を見せてくれるか、更なる活躍に期待したい。

元記事情報

サイト名 WowKorea!
キャプチャー
サイトURL http://www.wowkorea.jp
元記事URL http://www.wowkorea.jp/news/enter/2016/0129/10159959.html

WowKorea!の新着動画


新着情報


無料韓流ドラマ動画まとめサイト