WowKorea!「 【会見レポ】パク・シフ、大ヒットドラマ「黄金色の私の人生」を振り返る「僕にとって夢みたいな作品」 」の情報をまとめているページです。

韓流DO > ニュース・情報サイト > WowKorea! > 【会見レポ】パク・シフ、大ヒットドラマ「黄金色の私の人生」を振り返る「僕にとって夢みたいな作品」

【会見レポ】パク・シフ、大ヒットドラマ「黄金色の私の人生」を振り返る「僕にとって夢みたいな作品」

公開日:
 パク・シフ5年ぶりの地上波ドラマ復帰作として話題を集め、韓国で2017年9月2日〜2018年3月11日まで放送され、最高視聴率47.5%、平均視聴率30%台を記録した大ヒットドラマ「黄金色の私の人生」。  「2017年 KBS演技大賞」大賞、作家賞など5冠を受賞した本作は、高視聴率を記録した名作ドラマ「いとしのソヨン」の脚本家ソ・ヒョンギョン&「棚ぼたのあなた」の演出家キム・ヒョンソクが手掛ける、「子どもが5人」「お父さんが変(原題)」に続く、最新週末ドラマ。パク・ジフ演じるツンデレの財閥3世ドギョンと、女優シン・ヘソン演じる運もお金もコネもない“3無”女ジアンが繰り広げるロマンスあり、家族愛ありのヒューマンラブストーリーだ。  そんな視聴率45%超えの国民的ドラマが、いち早く日本に上陸。KBS JAPANが運営する韓流専門総合エンターテインメントチャンネルKBS Worldでの日本初放送を記念し、4月20日(金)東京・新宿文化センター大ホールにて、昼公演「ドギョンとの出逢い」、夜公演「シフ‘sROOMへようこそ」に分けて、イベントが開催され、イベント前には記者会見が行われた。  大きな拍手で迎え入れられたパク・シフは、優雅な立ち振る舞いで、ステキな笑顔を向けながら、まずはカメラの前でポーズ。花束贈呈に続き、フォトセッションでは、スカパー! の公式キャラクター「スカッピー」との2ショット撮影もあり、歩きづらそうな「スカッピー」をさりげなくエスコートする優しい一面も。 続く質疑応答では、1つ1つの質問に丁寧に答えながら、ドラマが大ヒットした感想や、撮影エピソードなどを語った。 Q今回のドラマ「黄金色の私の人生」を選んだ理由を教えてください。 実は台本を読まずに、以前ドラマ「検事プリンセス」でご一緒した脚本家ソ・ヒョンギョンさんからオファーをいただいたので、ソ・ヒョンギョンさんを信じて、出演を快諾しました。 Q長い期間の撮影だったと思いますが、撮影が大変だったシーン、共演者とのエピソードがあれば教えてください。 撮影で大変だったというより、撮影現場の雰囲気がとても良かったんです。最初から視聴率が良かったので、幸せな気持ちで、キャストやスタッフと9か月、無事に撮影を終えることができました。ただ、冬の撮影があって、スキー場でのシーンなんかは、寒いのがつらかったということはありました。でも、楽しく撮影できました。モニターを見てみると、自分が幸せそうに撮っていて、それを見ながらやりがいを感じました。 Q最高視聴率47.7%までいきましたが、パク・シフさんはこの視聴率を予想していましたか?  ここまでとは予想していませんでしたが、期待はしていました。監督さん、脚本家さんが素晴らしい方々なので、期待はしていましたが、こんなに早い曲線を描いて上昇するとは思っていませんでした。 Qドギョンとパク・シフさんの共通点、相違点を教えてください。 共通点は、一緒にいてラクな人といると正直になるということです。そういう人といると、心の中まで見せられると思います。例えば、ドギョンはユ秘書(イ・ギュボク)と一緒にいると、友達のような姿を見せたり、イタズラっこのような姿を見せたりするんですが、親しくなった人には自分の全てを見せるというところが、普段の僕と似ていると思います。 相違点は、ドギョンほどお金持ちではないということです(笑)。あと、ドギョンは1人の女性のために尽くすし、彼女が嫌だと言っても、追いかけるんですが、実際の僕はそこまでできないと思います。でも、分からないですよね? 本当に愛する女性に巡り会えたら、ドギョンよりももっとすごいかもしれません(笑)。いまのところ、そういう経験がないので。 Q「黄金色の私の人生」は5年ぶりの地上波作品で、大ヒットドラマになりましたが、パク・シフさんにとって、この作品はどのような作品になりましたか?  俳優が、視聴率40%超えのドラマに出会うのは、俳優人生で1度あるかないかというぐらい難しいことなので、夢みたいです。今回の出演によって、まさにタイトルのように僕の黄金色の人生が広がっていくような気分になり、幸せで、楽しい撮影でした。 Q今後、どんな作品に出演してみたいですか?  オファーをいただいている作品の中で、フィーリングが合うと感じたり、出演してみたいと意欲のわく作品に出演したいなと思っています。いま作品を検討中なので、近いうちに、皆さんにカッコいい姿をお見せできそうな気がします。そのときまで楽しみにしてほしいし、僕パク・シフを応援してください。ありがとうございます。  質疑応答が終わると、礼儀正しくあいさつし、にこやかに手を振りながら、会見場を後にし、イベントの準備へと入ったパク・シフ。昼公演のイベントの模様は後日掲載いたします。

元記事情報

サイト名 WowKorea!
キャプチャー
サイトURL http://www.wowkorea.jp
元記事URL http://www.wowkorea.jp/news/enter/2018/0420/10211187.html

WowKorea!の新着動画


新着情報


無料韓流ドラマ動画まとめサイト