WowKorea!「 【会見レポ】「SEVENTEEN」、ついに日本正式デビュー! 新曲「CALL CALL CALL! 」は「チリンチリン〜」のサビと“電話ポーズ”に注目! 」の情報をまとめているページです。

韓流DO > ニュース・情報サイト > WowKorea! > 【会見レポ】「SEVENTEEN」、ついに日本正式デビュー! 新曲「CALL CALL CALL! 」は「チリンチリン〜」のサビと“電話ポーズ”に注目!

【会見レポ】「SEVENTEEN」、ついに日本正式デビュー! 新曲「CALL CALL CALL! 」は「チリンチリン〜」のサビと“電話ポーズ”に注目!

公開日:
 日本ではことし2月からアリーナツアーとファンミーティングを行い、デビュー前にもかかわらず、10万人を動員するなど、絶大な人気を誇る「SEVENTEEN」が、ついに5月30日(水)1stミニアルバム「WE MAKE YOU」で正式に日本デビュー!   同アルバムには、日本デビューアルバムのために書き下ろされた新曲「CALL CALL CALL! 」のほか、コンサートで披露され、音源化が待ち望まれていた「Love Letter -Japanese ver.-」、ボーカルチーム楽曲「20 -Japanese ver.-」、ヒップホップチーム楽曲「Lean On Me -Japanese ver.-」に加え、新たに日本語化されたパフォーマンスチームの「HIGHLIGHT -Japanese ver.-」が日本語詞で全5曲収録されている。  そんな待望のデビューミニアルバム「WE MAKE YOU」が発売初日、オリコンのデイリーアルバムランキング(5月29日付)で2位を獲得し、鮮烈なデビューを飾った「SEVENTEEN」が日本デビューを記念し、ファンクラブ「CARAT」会員を対象に5月30(水)と31日(木)東京・豊洲PITにて、「SEVENTEEN JAPAN DEBUT SHOWCASE ';WE MAKE YOU';」を昼夜2公演開催。  31日は昼の部で、「CALL CALL CALL! 」をはじめ、アルバム収録曲全曲が披露され、キレのある力強いパフォーマンスで約3000人のファンを魅了した「SEVENTEEN」が、その後、マスコミ向けの記者会見を行い、日本デビューを飾った心境などを語った。  礼儀正しく、お辞儀をしながらステージに登場したメンバーたち。まずは、フォトセッションからスタートし、13人が一列に並ぶとそれだけでも圧巻だが、メンバーたちが一斉に「SEVENTEEN」のロゴを表したポーズや、新曲にちなんだ“電話ポーズ”など、バリエーション豊かに次々とポーズを取り、彼らならではのカッコよさを十分にアピールした。  質疑応答では、日本デビューを果たしたいまの心境から語るメンバーたち。統括リーダーのエスクプスは「デビュー前に日本でコンサートをしてきましたが、そのたびにたくさんの力を得て、こうしてデビューに至りました。これからもよりよい姿をお見せするので、永遠に『CARAT』と『SEVENTEEN』が共に歩んでいけたらと思います」と喜びを表した。  続いて、ショーケースでも披露された「WE MAKE YOU」については、プロデューサーでもあるウジが、「新しいデビュー曲なので、たくさん気を遣いました。どうしたらCARATの皆さんの心にスッと入って、気に入ってもらえるのかと」とし、「このアルバム名『WE MAKE YOU』には、僕たちの日本デビューを待っていてくださった『CARAT』の皆さんのために、僕たちが戻ってきたという意味も込めています」と説明。  そして、「CALL CALL CALL! 」は「皆さんが大変なときや疲れたときなどに、僕たちに電話してくれたら、いつでも駆け付けるよ、という気持ちを込めた曲です」と話すホシが、聴きどころについても「“チリンチリン〜”というサビの部分が印象的なので、マネして歌いながら楽しんでもらえたらいいと思います」と答え、スングァンも「力がないときや疲れたとき、この曲を聴くと、力がブンブンわいてくると思います」とニッコリ。  また、昼の部では、この曲のポイント振付は自転車をこぐダンスだと紹介していたが、ホシが他にも、フォトセッションでも見せた“電話ポーズ”を挙げた。普通は親指と小指で電話をするポーズを作るが、「『SEVENTEEN』のシグネチャーポーズとして、このような指の形にしました」と親指と人差し指で作る“電話ポーズ”を紹介した。  今回のショーケースについて、「コンサートでは何度も日本に来ていましたが、デビューショーケースなので、もっと緊張もしたし、楽しんでもいます。『SEVENTEEN』と『CARAT』がお互い、ついにデビューしたんだなというジーンとする気持ちを通わせながら、きょうを迎えたと思います」としみじみと語ったスングァン。  日本で好きなアーティストや憧れのアーティストを聞かれると、すぐに手を挙げ、「練習生のときに、たまたま東方神起先輩と一緒に歌っている日本のアーティストの映像を見たんですが、その方が徳永英明さんだったんです」と答え、徳永英明の名曲「レイニーブルー」を聴いたら、悲しげだけれど感動したとし、日本語の練習も兼ねて歌の練習をしたというエピソードを披露。  すかさず、メンバーたちから「見せて! 」コールが起こり、スングァンは「もちろん」と即答で、「レイニーブルー」をアカペラで歌い、さすがメインボーカルを務めるだけある見事な美声を響かせ、拍手を浴びた。  また、グループとしての目標、その目標はいつ達成したいかを聞かれたエスクプスは「目標には終わりがないと思うので、達成する日はないと思っています」とし、「もう少し時間が経ったら、もっと広いステージで長い時間、『CARAT』の皆さんと過ごしていきたいです」と答えると、「広いステージというのは? 」とつっこまれ、「東京ドームです」と夢を語り、メンバーたちも「東京ドームに行きたいです! 」と目を輝かせた。  最後にメンバーたちは、ファンに一言ずつメッセージを伝えた。 ドギョム:日本でデビューができるのは、たくさんの方の愛と応援があったからです。いただいた愛の分だけ、「CARAT」の皆さんや日本の方々にエネルギーや力を与えていきたいと思います。これからも一生懸命頑張ります。 ジョシュア:たくさんの日本の方や「CARAT」の皆さんに、愛してほしいなと思います。僕たちが幸せにしてあげたいと思います。ありがとうございます。 スングァン:まずは「CARAT」の皆さんに「待っていてくれて、ありがとう」と伝えたいです。そして、まだ「SEVENTEEN」を知らない方々には僕たちのチームワーク、パフォーマンス、歌や実力をたくさん褒めてもらいたいなと思います。そのためにはもっと頑張らないといけませんよね? カッコいい姿をたくさんお見せしていきたいと思います。(日本語で)期待してください!  ウジ:まずは「CARAT」の皆さんに、本当に感謝していると伝えたいです。デビューを迎えて、これからがスタートなので、もっとステキな姿をお届けしていきたいです。 ジョンハン:まずは、デビューするにあたって、僕たちのことを応援し続けてくれた「CARAT」の皆さんにありがとうと言いたいです。その力のおかげで、「SEVENTEEN」として活動できているので、デビューショーケースが終わっても、カッコいい姿をお届けしていきたいと思います。たくさん期待していてください。 ミンギュ:(日本語で)「CARAT」の皆さん、ありがとうございます。これから僕たち「SEVENTEEN」はいつも頑張りますので、皆さんもたくさん応援してください。そして、本当にありがとうございます。よろしくお願いします。 エスクプス:「SEVENTEEN」の夢についてきてくれて、ありがとうございます。いつも、そばでしっかりと歩んでいける「SEVENTEEN」でいたいと思います。僕たちによって、皆さんが幸せな気持ちでいてくれたらうれしいし、ステキな姿をたくさん届けていきたいです。 バーノン:異国の地で、このようにたくさん愛されるのは簡単なことではないと思います。それにもかかわらず、たくさんの支持を受けて、デビューできたので本当に感謝しています。これからも期待に応えられるように頑張ります。 ウォヌ:たくさん愛してくださり、ありがとうございます。これから、さらにステキな曲をたくさんお届けしていきたいと思います。よろしくお願いします。 ホシ:(日本語で)「CARAT」の皆さん、本当にありがとうございます。「SEVENTEEN」が……、デビューしました。頑張ります。よろしくお願いします。(日本語が上手く話せなくて)すみません(笑)。 ウォヌ:(ホシは)緊張しています。 スングァン:ホシさんはいま緊張していますけど、ステージの上ではカリスマ性があふれているんです。 ホシ:キラキラ・ホシです(笑)。 ディエイト:デビューさせてくださり、本当にありがとうございます。僕たちもそのもらった愛の分、一生懸命頑張りますので、たくさん期待してください。これからもよろしくお願いします。 ディノ:スタートからたくさん愛していただき、ありがとうございます。僕たちの曲のように、皆さんが僕たちを呼んでくだされば、駆け付けてステージをお見せし、カッコいい姿をたくさんお見せできるように頑張ります。よろしくお願いします。 ジュン:日本でデビューできて、とてもワクワクしているし、幸せです。これからもっといいステージ、いい姿を「CARAT」の皆さんにお見せできる気がします。これからもよろしくお願いします。  終始、和やかなムードの中、ファンへの感謝や今後の意気込みを力強く語った「SEVENTEEN」。最後に全員であいさつした後、「これからも応援よろしくお願いします! 」と一礼し、日本での初の記者会見を終えた。  デビューショーケースのレポは後日掲載いたします。

元記事情報

サイト名 WowKorea!
キャプチャー
サイトURL http://www.wowkorea.jp
元記事URL http://www.wowkorea.jp/news/enter/2018/0531/10213873.html

WowKorea!の新着動画


新着情報


無料韓流ドラマ動画まとめサイト