WowKorea!「 【イベントレポ】キム・ミンソク、日本初ファンミで大ヒットドラマの撮影秘話、「恋ダンス」&「TTダンス」披露まで魅力炸裂 」の情報をまとめているページです。

韓流DO > ニュース・情報サイト > WowKorea! > 【イベントレポ】キム・ミンソク、日本初ファンミで大ヒットドラマの撮影秘話、「恋ダンス」&「TTダンス」披露まで魅力炸裂

【イベントレポ】キム・ミンソク、日本初ファンミで大ヒットドラマの撮影秘話、「恋ダンス」&「TTダンス」披露まで魅力炸裂

公開日:
 大ヒットドラマ「太陽の末裔」でブレイクし、その後も出演した「ドクターズ」、「被告人」が連続ヒットし、韓国では「信じて観られる俳優」と評価されている俳優キム・ミンソクが、7月7日(金)東京・板橋区立文化会館大ホールにて、初の日本ファンミーティング「KIM MIN SEOK 1st FANMEETING in Tokyo ~ 初出会い」を開催。トークや歌、ゲームコーナーで茶目っ気たっぷりの素顔を披露し、ファンを魅了した。  この日、「太陽の末裔」のOST「You Are My Everything」を熱唱し、ファンミーティングのオープニングを飾ったキム・ミンソク。「スーパースターK3」出身らしく、甘く伸びやかな歌声、豊かな表現力など圧倒的な歌唱力で、ファンの心を一気につかんだ。  歌い終えて、「ドキドキしますね」とふっと笑い、自己紹介をしたキム・ミンソクは「緊張しないタイプなのに…。視力が悪くて、『人気歌謡』のMCをしていたときはコンタクトレンズをしていたんですけど、いつもはつけないんですよ。でも、きょうは一人ひとりの顔を目に焼き付けようと、コンタクトレンズをつけて出てきたら、韓国から来た方の顔も見えるし、皆さんの顔がよく見えすぎて、ドキドキします(笑)」と初々しさを見せた。  新ドラマの準備で忙しいのに、今回の初ファンミーティングのため、念入りに準備をしてきたので、いまの自分を全て見せたいと意気込んだキム・ミンソク。最初のコーナーは、人生グラフをボードに書きながらこれまでの人生を振り返った。  おばあちゃんと楽しく暮らしていたという幼少期、おばあちゃんの体調が悪くなり、病院から学校に通う生活を送るなど大変だった少年期。そして、高校生になり、アルバイト先の刺身屋で「太陽の末裔」でチン・グが演じたソ・デヨンのように、自分の人生を導いてくれるような人と出会い、大学では楽しいキャンパスライフを送ったが、お酒を飲むのが楽しくて、貯金していたお金を使い果たし、将来のことを考えて、ソウルに上京したと話を続ける。  「スーパースターK」に出演し、練習生生活を続けながら、初めて受けたオーディション「美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート」に合格したことで、それまでアイドルになるための準備をしていたが、その気持ちが薄れ、「歌手はやめる! 」と一大決心。ところが、所属事務所の問題などで、2年間何もできない時期が。それを乗り越え、またオーディションを受けようと、自らプロフィールを各所に配る日々を送り、これが最後だという気持ちで受けたのが「恋するジェネレーション(Who are you−学校2015)」と「太陽の末裔」。オーディションは一日違いで行われたが、見事に2つとも合格! そのときから、人としても明るくなったという。  特に、「恋するジェネレーション」で共演したイ・ミンギは、それが縁でついて回るようになり、いまでは同じエリアに住み、兄のように慕う存在に、「INFINITE」のエルは、最初は整形を疑うほどのあまりのイケメンぶりに、衝撃を受けた友人だと明かした。ちなみに、エルのお父さんもイケメンで、イケメンの家系だということが分かり、「心の中で(整形を疑って)ゴメン」と謝ったのだとか(笑)。  そして、可愛らしい幼少期の写真を公開した後、再び人生グラフに。「太陽の末裔」以降、オーディションを受けることがなくなり、そのため、次の作品「ドクターズ」からは、信じて任せてもらった役だから、不安感からもっと準備をするようになり、無事終えることができたという。  次の「被告人」はマネジャーからすすめられ、台本が気に入ったし、ジャンル物もやってみたかったのでトライしたところ、ドラマがヒットし、人生グラフは上昇。さらに上昇線を書き入れ、ピークは「きょう! これ以上ないです」と笑顔を見せると、ファンから大きな拍手を浴び、紆余曲折の人生を率直に語った人生グラフコーナーを締めくくった。  続いては、ドラマの名シーンをキム・ミンソク自身が選び、映像を見ながらエピソードを紹介。「太陽の末裔」では、自分の10代の反抗期、刺身屋のアルバイトでの体験と重なる部分があったという2つのシーンをピックアップし、共演したチン・グについては「後輩に気合を入れてくれて、“お前ならできる”と自信を持たせてくれる方」、ソン・ジュンギについては「厳しいけれど、優しくて温かい言葉をかけてくれるという、ツンデレスタイル(笑)」と語り、ある日ソン・ジュンギとお酒を飲んだとき、一緒に寝ようと言われ横になったが、男同士でいても眠くならないし、ソン・ジュンギも居心地が悪いのか、ずっと動いていたので、キム・ミンソクが静かに抜け出して、床で寝たというエピソードも。  「ドクターズ」では、手術の前、自分の髪にはさみ、バリカンを入れ、頭を刈りながら嗚咽する話題のシーンをピックアップ。NGなしの1回で撮影しなければならない難しいシーンだったが、NGのことは全く考えず、「もし自分が、手術が上手くいかず、声が出なくなって俳優人生が閉ざされたら、と考え、その気持ちだけで撮影に臨みました」と当時に心境を語り、「髪を切ると決めるまで、何日か悩みましたが、このシーンを撮ってから自信がつきました」とニッコリ。そして、これで芸能人ではなく、俳優といえるような満足感を得たという。 なお、このドラマで、キム・ミンソクは「百想芸術大賞」TV部門の新人賞を受賞。客席からも大きな拍手が送られた。  「被告人」では、子役シン・リナちゃんとのシーンを挙げ、撮影中、自分がリナちゃんについて回るほど可愛くて、「いつかこんな娘がほしいと思った」と話し、会場をほっこりさせた。  さらに、最後は未来についての話にまで及び、「心から演技をする俳優になりたいし、いつか結婚して、いい父親になったら、それこそチソン兄さんのような素晴らしい演技ができるだろうし、年齢に合った役を演じていきたいです」と抱負を語った。  再び、歌の時間となり、「美男<イケメン>バンド」でキム・ミンソクが歌った「どうして君を」を披露。「難しい歌ですが、役になりきって皆さんに届けます」と感情を乗せて歌い上げ、ファンをうっとりさせた。  ここからは、ファン参加型のゲームコーナーがスタート。客席のファンがキム・ミンソクの好みを2択から選び、最後まで残った2人にプレゼントが贈られるというゲームだ。「山or海」「お好み焼きorたこ焼き」「犬or猫」が出題され、眺めるのが好きということで海、ルームメイトがたこ焼き器まで買ってきて作ったというたこ焼き、SNSの写真や動画でも紹介している犬を選択したキム・ミンソク。  そして、「バラードorダンス」ではバラードを選んだが、日本の文化に触れようと人に聞いたら、「恋ダンス」が流行っていると聞き、この日のために練習を始めたとか。「シャワー中も練習していたら、石鹸の泡で滑って死にそうになりました」と笑いながら話し、「本当に難しいから5、6秒しかできないけど、ちょっとだけ見せましょうか」と照れながらも「恋ダンス」踊って見せ、大歓声が沸き起こった。  あまりの盛り上がりに、客席で「恋ダンス」が踊れる人がいるかを聞くと、2人が立ち上がったため、キム・ミンソクと一緒に踊ることに。「(ファンと)一緒だったら恥ずかしくないです」とキム・ミンソクもノリノリで2度目の「恋ダンス」を踊り、会場のボルテージは最高潮に。キム・ミンソクは「次回は完ぺきにマスターしてきます! 」と約束した。  続いて「運動or眠る」では運動を選び、「恋or友情」では、「女性のために友達を捨てるということではなく、愛すれば結婚もするし、家庭も作れる。友達と家庭を作ることはできないから、長い目で見たら」と恋を選び、客席に残ったのが2人となったため、勝者が決定。キム・ミンソクが客席に降りて、直接その2人にプレゼントを手渡し、コーナーが終了となった。  また、ファンの願いを叶えるコーナーでは、客席に降りてファンの目の前で、「太陽の末裔」で登場した敬礼するときの掛け声「タンギョル(団結)」を再現したり、自らアカペラで歌いながら“TTダンス”を踊ったり、ファンとハグをしたり、たっぷりとファンサービスをし、会場をハッピーオーラに包んだ。  さらに、韓国で書いてきたという直筆の手紙を朗読したキム・ミンソク。「きょうこの場に集まってくれたファンの皆さん、一人ひとりを心から大切にしたいと思います。これからもいい姿だけを見せていきたいです」と感謝の気持ちを伝え、日本語で「愛してる」と頭の上でハートを作り、会場は感動的な雰囲気となった。  初めてのファンミーティングもそろそろ終わりの時間となり、「最初は緊張して、上手く話せなかったんですけど、一人ひとりと目を合わせていたら共通点を見つけました。皆さんが僕の見方、僕の側にいるような気がしました。そう思っているうちに、気がラクになってきて、いまは皆さんをしっかり見ることができます。その辺にいるような普通の僕のために、こうして駆け付けてくれたファンの皆さんを見ていたら、もっと良い俳優になることで応えていこうと思いました。これから、もっと頑張ります! 」と気を引き締めた。  最後は、日本のドラマの中で一番好きで、「2リットル泣いた」というドラマ「1リットルの涙」の主題歌「Only Human」をドラマチックに歌い、会場に余韻を残しながら、ステージを後にした。  アンコールを受け、スキップしながらステージに戻ってきたキム・ミンソクは、パク・ヒョシンの「Gift」を披露。この曲の間は、客席での写真撮影がOKとなり、歌いながらまたも客席に降りて、ファンのためにポーズを取るなど、親しみやすい魅力を発揮しながら、ファンとの“初出会い”は大盛況のうちに幕を閉じた。  その後、ハイタッチ会となったが、キム・ミンソクはハイタッチではなく、一人ひとりと握手しながら会話を交わすなど、じっくりと触れ合ってファンを見送り、最後まで彼の優しさが伝わる、ファンにとっても思い出に残る記念すべき1stファンミーティングとなった。 韓国では、JTBC新金土ドラマ「青春時代2」への出演が決定したキム・ミンソク。俳優として、ますます活躍が期待される! 

元記事情報

サイト名 WowKorea!
キャプチャー
サイトURL http://www.wowkorea.jp
元記事URL http://www.wowkorea.jp/news/enter/2017/0710/10193640.html

WowKorea!の新着動画


新着情報


無料韓流ドラマ動画まとめサイト