WowKorea!「 【イベントレポ】「NewKidd」、日本初ショーケース開催で誓う「デビューして日本で必ずコンサートをやりたい」 」の情報をまとめているページです。

韓流DO > ニュース・情報サイト > WowKorea! > 【イベントレポ】「NewKidd」、日本初ショーケース開催で誓う「デビューして日本で必ずコンサートをやりたい」

【イベントレポ】「NewKidd」、日本初ショーケース開催で誓う「デビューして日本で必ずコンサートをやりたい」

公開日:
 2018年に韓国で正式デビューを控えている6人組ボーイズグループ「NewKidd」(ニューキッド)が、8月11(土)、東京・TSUTAYA O-WESTにてキックオフショーケース「BOY BOY BOY」を開催した。「NewKidd」は今回が初めての来日で、グループのステージはもちろん、カバーダンスやピアノ、メンバーの魅力溢れるトークやゲームコーナーで盛り上がった。  「NewKidd」は「新たな顔」、「夢を開く新しい世代の鍵」を意味するNewGeneration key of the Dreamの頭文字をとって命名され、2017年11月にプレデビューシングルを発表、2018年に正式デビューが決定している。  メンバーはSMルーキーズとして活動、KBSサバイバル番組「The Unit」から誕生したボーイズグループ「UNB」としても活動中のチ・ハンソル(23歳)。184cmの長身を活かしたダイナミックなダンスと涼しげな目元が印象的なユン・ミン(17歳)。メインボーカルを担当するしっかりもののリーダーのジンクォン(17歳)。Mad Clown×Aileeのコラボ曲「Thirts」でメンバーのチ・ハンソル、現在「PRODUCE48」に出演中の練習生アン・ユジンとともに出演経験もあるウチョル(15歳)というプレデビュー第1弾シングルに参加した4人に加え、新たにフィ(15歳)、チェ・ジアン(20歳)の2人をメンバーに迎えた。  ショーケースは「NewKidd」のプレデビュー曲「Will You Be Ma」からスタートした。全員が揃って金髪、そしてパステルトーンの衣装で爽やかにステージを披露すると、会場には早速「可愛い! 」の声が飛び交った。ここでファンに一人ずつあいさつすると、チ・ハンソルは「日本で楽しい時間を過ごしています。今日は来てくださって本当にありがとうございます。楽しい時間を一緒に過ごしましょう! 」と呼びかけた。  今回日本に初めて来たというウチョルは「お寿司やうどんを食べましたが、とてもおいしかったです。おいしいものがたくさんありますね」と話し、同じく初来日となったチェ・ジアンは「日本にファンの方がいるということがうれしいです! 」と笑顔を見せた。続いて披露した「防弾少年団」の「I need You」のダンスパフォーマンスでは、冒頭の可愛らしい姿とは異なる力強いダンスで会場を盛り上げた。  「メンバー全員に聞く○×クイズ」のコーナーでは、メンバーそれぞれの特技を思う存分披露した。  フィは日本のファンに見せるために練習したという登美丘高校ダンス部のバブリーダンス、チェ・ジアンは華麗なターン、ウチョルは連続で二重跳び、チ・ハンソルは繊細かつダイナミックな創作ダンスを次々と見せ、会場を沸かした。ジンクォンは「表情の達人」とされ、びっくりした表情、楽しい表情、カリスマ性ある表情を見せてファンを胸キュンさせ、リンボーが得意と話したユン・ミンは、フィ、ウチョル、ジンクォンと共にステージでリンボーに挑戦することに。次々とクリアしていくも、メンバーの腰よりもかなり低い位置まで高さが下がると、最後はチ・ハンソルとウチョルがユン・ミンの腰を手でさっとアシストし、若干強引? なメンバーの協力によりクリアとなった。  メンバーの多彩な特技を見た後は、ガールズグループのカバーダンスで盛り上がった。フィは「BLACKPINK」の「BOOMBAYAH」をノリノリで踊り、続くフィ、ジンクォン、チェ・ジアンによる「MOMOLAND」の「BBoom BBoom」では、会場から「Great! 」の掛け声もかかり、ファンも一緒に歌いながら一体感を作った。  チ・ハンソル以外の5人でパフォーマンスした「防弾少年団」の「FIRE」では、先程のガールズグループの時とはうって変わり、その名の通り燃えるような熱いダンスとカリスマ性溢れる表情で魅了し、ギャップのある姿でファンを虜にした。  ダンスの実力を見せた後は、お茶目な姿に笑いが溢れたゲームコーナーの時間となった。3組に分かれ、たたいてかぶってじゃんけんをする対決では、ジンクォンとのじゃんけんに緊張と混乱で「わぁ〜」と絶叫するフィの姿に会場から爆笑が起き、チェ・ジアンを2回も高速でたたいたユン・ミンにはメンバーから「恐いね〜」とツッコミが。  最後のチ・ハンソルとウチョルの対決では、チ・ハンソルが「僕はグーを出します」と宣言。それを聞いたウチョルも「僕もグーを出します」と予告。しかしウチョルはパーを出して勝利し、チ・ハンソルは「裏切者〜! うそつき〜! 」と怒る様子で笑いを誘った。もう一度勝負することになった2人だったが、最後までグーを出すという宣言を守ったチ・ハンソルは、ウチョルにピコピコハンマーで叩かれそうになるとステージ袖まで逃げて行くお茶目な姿を見せた。  メンバー同士の戦いが終わると、今度はファンともじゃんけん勝負を行い、最後まで残ったファンにはメンバーとのセルフショットというプレゼントが。選ばれたファンから「世界一のグループになってください。応援しています」というメッセージをもらい、メンバーは幸せそうな表情を浮かべた。  続くステージではメンバーの多彩な音楽的才能が見えた。ダンスを得意とするチ・ハンソルは、テミン(SHINee)の「Goodbye」をパフォーマンス。見る人を圧倒させる美しい動きと表現力でファンを感嘆させた。  そしてユン・ミンとジンクォンは、ピアノでそれぞれ「変わらないもの」「時代を超える想い」を披露。ジンクォンは「ピアノは全く触ったことがなかったのですが、日本のファンの皆さんにお見せするため、6か月前から練習してきました。僕の披露した曲は『犬夜叉』で使用されている音楽ですが、日本といえばアニメですし、『犬夜叉』がすごく好きなので、その気持ちをお見せしようと思いました」と語り、ファンを感動させた。2人の演奏には会場から「ファイティン! 」の声がかかり、演奏が終わると温かい拍手が送られた。  全員揃ってバラード曲「Left Hand」を歌った後は、初の日本単独イベントに来てくれたファンに感謝の気持ちを伝えた。「日本でまた皆さんに会い、かっこいい公演をしたい」(チ・ハンソル)、「とてもドキドキしてワクワクした時間だった」(フィ)、「ファンの皆さんと遊べるこのような時間、楽しい雰囲気がとても良かった」(チェ・ジアン)、「まだ不足している部分もあるが、これからさらに良い姿を見せる」(ユン・ミン)、「2日目もワクワク、ドキドキした。今後もたくさん愛してほしい」(ウチョル)と語り、最後にジンクォンは「今日は学ぶこともたくさんあったし、皆さんに会えてとてもうれしかったです。そして完ぺきな姿でデビューして、日本で必ずコンサートをしたいです! 」と夢を明かし、ファンもそれを応援するように歓声と拍手を送った。  ラストはプレビューアルバムのタイトル曲「Shooting Star」をキラキラした光る笑顔で歌い、ショーケースは終了した。  まだデビュー前にもかかわらず、すでにさまざまなジャンルの曲をこなす表現力と実力を備え、個性溢れる姿で日本のファンを魅了した「NewKidd」。韓国での正式デビュー、そして今後の日本活動にも大いに期待されるショーケースだった。

元記事情報

サイト名 WowKorea!
キャプチャー
サイトURL http://www.wowkorea.jp
元記事URL http://www.wowkorea.jp/news/enter/2018/0813/10218485.html

WowKorea!の新着動画


新着情報


無料韓流ドラマ動画まとめサイト