WowKorea!「 「JBJ」、解散コンサートで涙「終わりは新たな始まり」 」の情報をまとめているページです。

韓流DO > ニュース・情報サイト > WowKorea! > 「JBJ」、解散コンサートで涙「終わりは新たな始まり」

「JBJ」、解散コンサートで涙「終わりは新たな始まり」

公開日:
 韓国ボーイズグループ「JBJ」が、7か月間のプロジェクトグループ活動を終える最後のコンサートを開催。メンバーは「終わりは新たな始まり」とグループ解散を控えた気持ちを明かし、涙を見せた。  「JBJ」は21日、ソウル・オリンピック公園内SKハンドボール競技場で「本当に望ましいコンサート―エピローグ」を開催した。  「JBJ」は昨年発表したデビュー曲「Fantasy」でコンサートを幕開け。「Say My Name」、「Pretty」、「My Flower」、「Moonlight」といった3枚のアルバムで公開した歌を披露した。  メンバーはデビュー当時を振り返り「1stアルバムは準備していたら難しいことがたくさんあったが、初めてなので楽しくもあった」とし、「デビューの時はとにかく未熟だったという記憶だけだ。音楽番組ではすごく震えて、メンバーがよく励ましてくれた。時間が経つのは本当に早いと思う」と語った。  ノ・テヒョンは「JBJ」を一つの単語で表現してほしいという質問に「一つの単語で表現するには、思い出が多すぎる」と答え、他のメンバーは「愛」、「ジョイフル」、「家族」と表現し、解散を惜しむ気持ちを伝えた。  またユニットステージも披露。クォン・ヒョンビン&キム・ヨングクは、自作曲の「ラブユー」とHeizeの「Jenga」を、ノ・テヒョン&キム・サンギュンは自作曲「Don‘t Leave Me」、「Hand Clap」を歌った。キム・ドンハンは「防弾少年団」の「Spring Day」、パク・ヒョシンの「雪の華」に合わせ、高田健太はキム・セジョンの「花道」に合わせてそれぞれソロパフォーマンスを披露した。  最後のアルバムタイトル曲「Call Your Name」が初公開となった。クォン・ヒョンビンはファンに向けてメッセージを込めた歌詞が印象的な「Call Your Name」を歌いながら涙をこらえる様子を見せた。  高田健太は「今回のアルバムタイトルが『New Moon』だ。月が三日月になって満月になり、朔になるでしょう? 朔が終わりだと思ったら、それが新たな始まりじゃないですか。そんな意味でアルバムタイトルを『New Moon』にした」と説明した。  キム・サンギュンは「いつの間にか僕たちが1st、2ndアルバムに続いて最後のアルバムまで発売することになった」と言うと、キム・ヨングクは「始まりと終わりはいつも一緒にいたから、これからまた始まりだ」と語った。  その後、「JBJ」はファンが別に書いた短い手紙を読む時間を設けた。「いつも応援し、愛してる」、「常にやりたいことをやって」、「あなたたちと一緒にしたいこと、わかっているでしょ? 」、「あなたたちのおかげで楽しい時間だった」、「『JBJ』あなたたちは奇跡だった。これからも奇跡を作ってくれることを」といったメッセージに、「JBJ」は「僕たちもどういう気持ちかわかっている。この気持ちを絶対に忘れない。『JBJ』という名前を胸に刻んで絶対に忘れず守っていく」と涙を流した。  「JBJ」は、21〜22日のコンサートをもって7か月間の活動を終えて解散する。メンバーは30日まで予定されていたスケジュールをこなした後、新たな始まりのために別れていく。

元記事情報

サイト名 WowKorea!
キャプチャー
サイトURL http://www.wowkorea.jp
元記事URL http://www.wowkorea.jp/news/enter/2018/0421/10211207.html

WowKorea!の新着動画


新着情報


無料韓流ドラマ動画まとめサイト