WowKorea!「 「Block B」テイル&ユグォン、「T2U」として日本全国のファンを魅了…“あなたのために歌う”ステージ 」の情報をまとめているページです。

韓流DO > ニュース・情報サイト > WowKorea! > 「Block B」テイル&ユグォン、「T2U」として日本全国のファンを魅了…“あなたのために歌う”ステージ

「Block B」テイル&ユグォン、「T2U」として日本全国のファンを魅了…“あなたのために歌う”ステージ

公開日:
 7人7色超個性派アーティスト「Block B」のメインボーカル・テイルと、日本語が堪能なユグォンのスペシャルユニット「T2U(トゥーユー)」のイベント「T2U(from:Block B) SPECIAL STAGE 2018」が埼玉、名古屋・大阪、東京の4か所で開催された。昨年の初開催に続き行われた今回の 「T2U」公演は全公演ソールドアウト。5月28日にSHIBUYA WWW Xで行われた最終公演では、テイル、ユグォンがとてもうれしそうにファンに感謝の言葉を伝える姿が何度も見られた。  「T2U(from:Block B) SPECIAL STAGE 2018」最終公演の最初の曲は、6月20日に発売される「Block B」日本オリジナル・ベストアルバム 「Block B THE BEST」にも収録される「T2U」初の日本オリジナル曲の1つ「遅すぎるのに」からスタート。ミディアムテンポの優しいメロディーに、別れを後悔する切ない心情の歌詞をテイルは「Block B」デビュー時から定評のある伸びやかな高音で、ユグォンは優しく甘い歌声で「T2U」の世界に引き込む。  続くMCコーナーでは、先ほどと雰囲気が一変。テイルの自由奔放さに爆笑しながらも、ユグォンの頼もしい姿が見られる時間となった。箱の中身を手の感触だけで当てるゲームでは、手を入れるのを躊躇しかなり怖がるテイルと、対照的にまったく動じず手の感触から推理するユグォンの真剣勝負の結果、1点獲得しユグォンが勝利。敗者となったテイルはこの日MCを務めたお笑いコンビ・軟式グローブのパークのモノマネを罰ゲームで披露することに。意外と体力がいるというテイルの全力のモノマネに会場は笑いにあふれた。  会場のファンも参加してのジェンガ対決に続いては、ファンからボイスメッセージで集められた質問コーナーへ。テイルは、質問してくれたファンが背伸びをしている様子が見えたのか「(背が低いようなので)僕と同じように靴底の厚い靴をドクターマーチンで買ってください」と衝撃のアドバイスが飛び出し会場は大爆笑。  最後には「Block B」メンバーのジェヒョから「今日のパンツの色は何色ですか? 」というある意味ジェヒョらしい質問ボイスメッセージが。なんでそんな質問、、、とあきれながらお互い確認しあったりと、いつもの「Block B」のライブMCのような自由で楽しい時間となった。  続いては、日本語でのMCも完璧にこなすユグォンのソロステージ。久しぶりに皆さんの前で弾いてみようと思ってと、ギターを携えて登場したユグォンの1曲目は、日本で大ヒットしている米津玄師の「Lemon」。美しい日本語の歌詞に感情をこめたユグォンの歌声が、ストレートに胸に響いてくる。ユグォン制作の日本語初ソロ曲「痛くない」では、「T2U」のライブではなかなか見られない得意のダンスを披露。ラストは韓国語でのソロ曲「Everythin';」。ファンの顔を1人1人丁寧に見るように、会場の端から端までを移動しながら歌い、ユグォンの優しさとファンへの愛が確認できるステージとなった。  テイルのソロステージは、メンバーのジコが作詞作曲したバラード曲「It Was Love」からスタート。MCやゲームコーナーで見せていた自由奔放な姿とは正反対! 真のアーティストの姿を見せられ、会場中が一気にテイルの美しい歌の世界に引き込まれる。ソロ2曲目は女子高生がカバーしている映像を偶然見て、すぐに気に入ったというクリス・ハートの「I Love You」抒情的なメロディーが印象的なバラードで、テイルの最大の武器でもある伸びやかな高音が映える。ソロステージラストでは、昨年の秋に発表した「w-inds.」のKEITAとテイルのデュエット曲「Lost&Found」を披露。「最後の公演なので、ぜひサビを一緒に歌ってください」というテイルからの呼びかけもあり会場中が一体となり大合唱に。  「実は、ファンと一緒に歌うのは好きではないけれど、今日一緒に歌ってみたら、この曲をたくさんの方が本当に聞いてくれていたんだなぁと実感できて、本当に気分が良かった」と満面の笑みのテイルに、会場から歓声と拍手が起こるとすぐに、「でも、次からは歌わなくて大丈夫です(笑)」と話すツンデレっぷり。  本編ラストは再び2人が舞台にそろい「Good Bye」。今回のライブの1曲目「遅すぎるのに」同様、6月20日に発売される「Block B」日本オリジナル・ベストアルバム 「Block B THE BEST」に収録されている「T2U」日本オリジナル曲。ユグォンの甘く切ない歌声と、テイルの伸びやかに透き通る歌声のハーモニーが印象的な曲で、「Block B」やソロとは異なる「T2U」の歌声の相性の良さを堪能させてくれた。最後のMCでは8月1日に「Block B」のスペシャルイベントの開催が発表され、会場に詰め掛けたファンから大歓声が。久しぶりに7人でステージに立てることを2人も楽しみにしているそうだ。  アンコールは「Blcok B」のライブのアンコール曲の定番「Movie’s Over」。ペンライトを左右に手を振るように振るファンと、それをうれしそうに見つめながら韓国語と日本語を織り交ぜて歌うテイルとユグォン。ユニットステージ、ソロステージ、そしてMCまで「T2U」というユニット名に込められた「TO YOU。あなたのために歌う」というメッセージを体感できるステージとなった。

元記事情報

サイト名 WowKorea!
キャプチャー
サイトURL http://www.wowkorea.jp
元記事URL http://www.wowkorea.jp/news/enter/2018/0531/10213810.html

WowKorea!の新着動画


新着情報


無料韓流ドラマ動画まとめサイト